大阪市阿倍野区阪南地域街づくり協議会主催 防災訓練(2019年6月2日)

ブログ

大阪市阿倍野区の阪南地域街づくり協議会様のお招きで防災クッキング「アルファ化米を使った五平餅づくり」を開催させていただきました。

防災訓練でアルファ化米が振る舞われることがありますが「美味しいと思ったことがない」というお声が多く…。

ママコミュ!ドットコムが提案する #美味しい防災 では、思わず笑顔になる美味しさにこだわります。

災害が起きれば恐怖と不安の中で過ごさないといけません。
住む場所がないかもしれない、家族が離れ離れになるかもしれない、大切な人を失うかもしれない….。
想像するだけで胸が苦しくなります。

さらに、電気、ガス、水道、通信、物流など、いわゆる「ライフライン」が使えない、食べ物が手に入らない状況の中で私たちは生き抜かないといけません。
過去の災害でも避難所生活や自宅避難の中で健康を損ない、命を失ってしまう人が大勢いる。
せっかく助かった命なら力強く生き抜きたい。そう思うのは当然だと思います。

非常食の定番アルファ化米は年々技術が向上し、白米だけでなく五目ご飯やピラフなどレパートリーが増えてきました。
ですが、実際に食べてみるといつもの味とはやはり違います。

災害が起きた後もできるだけ美味しいもの、安心して食べられるものを食べたい。
そんな素朴な想いからママコミュ!ドットコムの防災と食の取り組みは始まりました。

2019年6月2日(土)、阿倍野区阪南地域でコミュニティ活動の推進役として活動されている地域のリーダーさん方にお集まりいただき、アルファ化米を使った五平餅の作り方を紹介させていただきました!

料理研究家の 南井 由希子さんのオリジナルレシピに従ってアルファ化米を丁寧につぶしてお餅にします。
お味噌とみりん、醤油、砂糖を煮てゴマとクルミを加えた味噌ダレを塗って、贅沢にも今日は炭火で焼きたてを振る舞いました。

アレッ子ライフ・パートナーのおおはしともこさんからは食物アレルギーのある人も食べられるよう、調理の途中で取り分ける方法を教えていただきました。

アルファ化米1袋で3本の五平餅が作れるので食料の乏しい災害時にもぴったり。今日は80人分を手分けして作りました。
仕上げは炭火で香ばしく焼き上げていただき…お味噌の焦げる香りともちっとしたご飯の食感がベストマッチでした。


アルファ化米の五平餅、美味しいわ♪
こうやってみんなで食べるとなんか幸せな気持ちになるわ♪

共助は近助から
まさにその通りだと思いました。
ご参加いただき、ありがとうございました。

 

学校、PTA、企業、団体、ママサークルの皆様が知りたい「防災」の情報を
防災のプロ 日本防災士機構認証防災士 がお届けします!

バナーをクリックしていただきますとメールフォームが開きます。
開かない場合はinfo*mamacomu.comの*を@に置き換えていただき、
メールをお送りください。

ブログ