片づけで子どもの考える力を伸ばそう!【荒木佳代さん】

インタビュー

はじめまして。ライフオーガナイザー 荒木 佳代と申します。
私は、7年間幼児知能開発インストラクターの仕事をしていました。
教室では「考えながら遊ぶことで 脳にいろいろな刺激をあたえ 考える力を伸ばす」授業を、教材を使って行います。
でも、ご家庭でも毎日のお片づけを通して、考える力を伸ばすことができるんです。
片づけ・整理整頓は、それだけいろいろな要素を組み合わせて考える活動です。

* ものの性質で仲間分けする力
* 引き出しには何をどこに入れようかな? スペースを頭の中で分ける力
* 片づける位置やものを記憶する力
* いくつあるか数えたり、足りない数を考える力

具体的には、

「ミニカーが5台あったけど、あれ?3台しかないよ。いくつ足りないかな?」

小学校に入ると数字での足し算引き算を学びますが、幼児期に実物で数えたり、合わせたり、分けたりする体験はとても大切。

頭の中で数を考えることも、ひと工夫することで毎日の片づけを通して学べますよ。
ただ、無理にやらせたり、質問しすぎは考え物。
親子で楽しみながら、ぜひ試してみてくださいね。

荒木佳代さん プロフィール

はじめまして。ライフオーガナイザー 荒木佳代と申します。
私は、7年間幼児知能開発インストラクターの仕事をしていました。
教室では「考えながら遊ぶことで 脳にいろいろな刺激をあたえ 考える力を伸ばす」授業を、教材を使って行います。
でも、ご家庭でも毎日のお片づけを通して、考える力を伸ばすことができるんです。
片づけ・整理整頓は、それだけいろいろな要素を組み合わせて考える活動です。

インタビュー