第4回ママコミュ!サロン ご報告

バックナンバー

子育てママの”おカネ”べんきょう会の第二弾として、「子どもの保険、ママの保険」をテーマに2/10(水)に開催しました。

金融機関で保険や貯蓄の専門家として実務経験のあるファイナンシャルプランナー出水季治さんを講師に、学資保険、医療保険、養老保険など数ある保険商品の中から何をどう選べばいいかお話を伺いました。

学資保険は従来の18歳満期に加えて12歳、15歳に満期設定ができる商品が増え、お子さまの成長の過程でいつどれだけのお金が必要かというライフプランを元に最適な商品を選ぶことが大切。小学校から私立校に通わせるのと大学まで公立校に通わせるのでは教育費の必要額に大きな差が出ます。

さらにお子さんの進学、結婚、就職、夫の退職、マイホームや車の購入など、家族の将来を想定してライフプランシートに可視化していきました。すると、「◌年後にこんなにお金がいるんだ!」「○年後に出費が重なりそう」といったことが見えてきます。将来必要なお金の額と必要な時期がわかればそれに向けた備えを考えるきっかけとなります。

医療保険は病気や入院、手術などの保障の種類や金額、被保険者の年齢によって保険料が大きく違います。先端医療や高額な医療費を伴う治療を受けることになった場合に備えて医療保険も高額にする必要があるのかないのかという疑問については、健康保険の高額療養費制度や所得税の医療費控除を考え合わせることで最低限準備する必要のある金額を考えました。

ご自分の保険についてもっと知ろうという意欲のあるママがたくさん来られていて保険証券をご持参されているママも。グループごとのワークショップでは薫り高い淹れたてのコーヒーとチョコレートでホッコリしながら和気あいあいとした雰囲気でお話が弾みました。

アンケートでも「保険について知らなかったことがたくさんあった」「高額医療の話は知らなかったのでびっくりした」といったご意見をいただきました。

自分にとって、家族にとって必要な保険って何?ということを改めて考えていただく機会になったと思います。

(文責:出水)

バックナンバー