【終了しました】子育てママ・パパが考えるこれからの防災「おやこ防災サロン」(全4回)

上町台地に暮らす私たち。便利で快適な街だけど…。
直下型地震で震度6~7、南海・東南海トラフ地震で震度6が想定されています。
赤ちゃんや小さな子どもを連れての避難、家族がいつも一緒とは限りません。
いつ地震が起きてもあわてずに行動できますか?
子育て家庭の防災から多様な住民のつながりの大切さを考えてみませんか?

 

「おやこ防災サロン」は、小さな子どもを持つ子育て家庭が抱える災害時のリスクにフォーカスをあて、
日ごろの防災や減災につなげる親子の勉強会。

子育て家庭だけでなく、高齢者や病気・障害を持つ人々など地域の「要支援者」の存在に気づき、
ともに災害に強いまちづくりをめざします。

「こんなときどうする?」から、このまちの防災を考えるワークショップです。


◆日時・会場

第1回
地震発生!わが家は何分で避難できる?
8/6(土)10:00~11:30 天王寺消防署
★消防署のウラ側探検つき
参加無料

①防災のプロに聞いてみよう。大阪市や天王寺区で地震が発生したらどうなる?津波が来たらどうなる?

②親子で考えよう!わが家の防災マップ
子どもやママの行動先(保育園、幼稚園、学校、塾、習い事、公園、職場、買い物先など)と時間を地図に書き込んでみよう。
○時に地震が起きたら…どの避難場所に行くのが早いか?家族の待ち合わせ場所をどこに決めるか?
夏休みの自由研究にも使えるわが家の防災マップを完成します。

③普段絶対見られない!消防署のウラ側探検
参加者限定で災害時の救命救急を担う重要な施設をご覧いただけます。


第2回
親子で考える「わが家の非常持出袋」をつくろう
8/21(日) 10:00~11:30 クレオ大阪中央
★カラフルな水ボトルと紙ロールづくり
親子1組500円

家族の構成(赤ちゃんがいる、病気の家族がいる、アレルギーがある)によって非常持ち出し品は大きく異なります。

お子さんが避難所で不安にならないよう、お気に入りのおもちゃやお菓子を入れた「こども避難リュック」を作りませんか?

避難所に行ってもすぐに手に入らない品物はきちんと準備することが大切です。

熊本地震の被災地で役立った非常持出品ってなんだったのか?現地で活動した防災のプロがお話しします。


第3回
食べながら備えるローリングストック法ってなに?
9/10(土) 10:00~11:30 一心寺シアター倶楽(くら)
★避難所体験&おいしい非常食の試食つき
★ダンボールベッドを組み立てよう!
親子1組500円

避難所ってどんなとこ?落ち着いて避難生活を送るにはどんな工夫があればいい?といったことを考えます。
あわせて非常食の備蓄の仕方について新しく注目されている「ローリングストック法」をご紹介します。
賞味期限が切れたら捨ててしまうような非常食はもったいない!
日頃から食べ慣れたものを常備する方法なら簡単にできますね。

 

第4回
こんなときどうする?親子でつくる防災シナリオ
10月1日 10:00~11:30 天王寺区民センター
★最新の防災グッズの体験とおいしい非常食の試食つき
親子1組500円

それぞれの家庭の状況を元に「こんなときどうする?」という疑問を持ち寄って
クイズ形式でみんなで考えながら答えを出していきます。

いろいろな想定に基づくシナリオを考えることで災害時や避難生活を送るうえで役立つ情報を共有します。
「おいしい」「便利」と人気を集めている非常食を使った人気メニューをご紹介し、試食していただきます。

 

◆申込み◆  下の申込フォームから

 

イベント名※こちらは自動記入です。入力しないでください。


↓ ↓ ここからご記入下さい ↓ ↓

氏名 (必須)

電話番号 (必須) 半角数字
  

メールアドレス (必須)

年齢(必須)

参加人数(必須)

メッセージ本文

©2017 mamacomu.com - all rights reserved - 特定非営利活動法人 MIRAI PLUS・ママコミュー!ドットコム - Developed by 株式会社多言語ネットワーク

ユーザー情報を使用してログイン

ログイン詳細をお忘れですか?