イベント情報

[kleo_gap size=”20px”]

子育てママや地域の方々が参加できるイベント情報のページです。

私たちと一緒に楽しみませんか?

  • まいど子でもカード 協賛団体に認定されました

    ママコミュ!ドットコムは、2015年12月22日付けで大阪府子育て世帯応援事務局が府内の子育て世帯を応援する「まいど子でもカード」事業の協賛団体に認定されました。

    「まいど子でもカード」を提示すると、施設やサービスの利用料の割引を受けられたり、お子さまへのプレゼントがもらえるなど、子育て家庭にはうれしい特典がたくさん用意されています。また、公式サイトやメールマガジンを通じてのタイムリーな情報発信も充実しています。

    さらには、大阪府内だけでなく、「関西子育て世帯応援事業」(愛称:すくすくかんさい)を展開している三重県・滋賀県・京都府・兵庫県・奈良県・和歌山県・徳島県・鳥取県の協賛店や施設でも利用できますので、お出かけ先でもおトクをゲットできます。

    ママコミュ!ドットコムでは、各種イベントの際に「まいど子でもカード」さまにはイベント参加費の割引や特典をご用意します!(詳細はイベント募集時にお知らせします)

    詳しい内容や登録の方法は「まいど子でもカード」公式サイトをご覧ください。

  • 【終了しました】遊びがひろがる 学びがふかまる! 積み木のワークショップ 6/30(土), 7/1(日), 9/1(土), 9/2(日)

    大阪府子育て世帯応援事務局発行のメールマガジンや天王寺区役所の子育てアプリをはじめ、各種メディアでご掲載、ご紹介いただきまして、たくさんのお申し込みを頂戴しています。 6/30(土)、7/1(日)に加えて9/1(土)、9/2(日)の追加開催を行いました。 キャンセル待ちの方には申し訳ありませんが空きが発生するまでお待ちください。 パパママ向けクラスはお子様同伴可です。お子様用スペースをご用意します。 内容 ● 年齢によって変わる積み木の遊び方 ● 積み木遊びの種類 ● 遊びと学びのつながりについて ● アクティブラーニングプレイとしての積み木遊び おうちでの遊びや学びの参考にしていただけるのはもちろん、これから積み木を購入したい、という方にもぴったりのお話です。 ▲日時▲ 2018年6月30日(土)、7月1日(日)、9月1日(土)、2日(日) 10:00~17:00
    6月30日(土)の時間割 〜終了しました〜
    (1) 10:00~10:30 1~2歳児さんクラス 
    (2) 11:00~11:30  1~2歳児さんクラス 
    (3) 12:00~12:30 3~4歳児さんクラス 
    (4) 13:30~14:30 5歳児さんクラス  
    (5)14:45~15:45 クーゲルバーンクラス 
    (6)16:00~17:00 パパママ向けクラス 
     
    7月1日(日)の時間割 〜終了しました〜
    (1) 10:00~10:30 1~2歳児さんクラス 
    (2) 11:00~11:30  3~4歳児さんクラス 
    (3) 12:00~12:30 3~4歳児さんクラス 
    (4) 13:30~14:30 5歳児さんクラス  
    (5)14:45~15:45 クーゲルバーンクラス (6)16:00~17:00 パパママ向けクラスクラス
    9月1日(土)の時間割 (1) 10:00~10:30 1~2歳児さんクラス満席】 (2) 11:00~11:30  1~2歳児さんクラス【残席1 (3) 12:30~13:30 クーゲルバーンクラス満席】 (4) 13:45~14:15  3~4歳児さんクラス【残席2 (5)14:30~15:30  5歳児さんクラス【残席1 (6)15:45~16:45 クーゲルバーンクラス【残席1
     9月2日(日)の時間割 (1) 10:00~10:30 1~2歳児さんクラス満席】 (2) 11:00~11:30  1~2歳児さんクラス満席】 (3) 12:30~13:30 パパママ向けクラス【受付中 (4) 13:45~14:15  3~4歳児さんクラス【残席1 (5)14:30~15:30  5歳児さんクラス満席】 (6)15:45~16:45 クーゲルバーンクラス満席】
    (残席数は8/30現在。空席状況は変わることがあります。)
    親子クラスは年齢別。「今できるのはどんなこと?」 成長に合わせて、いろいろ楽しめる積み木。 そんな積み木の魅力を、たっぷり味わってくださいね! 組立クーゲンバーンのクラスには、ビー玉転がしができる「クーゲルバーン」が登場! 子どもはもちろん大人も夢中で遊べます。パパさんの参加も大歓迎! 幼稚園の年長さんから小学校低学年くらいのお子さんにぴったりの内容です。 パパママ向けクラスでは、「おうちに積み木はあるけどどう遊んだらいいの?」というお声や、これから生まれるお子様に積み木を買いたいと思っておられるプレパパプレママにも役立てていただける内容でお話しします。
         ▲会場▲ 天王寺区民センター 1階 チャレンジスペース ▲講師▲ 子どもと育ち総合研究所 所長 宮野 亮さん 1960年福岡県生まれ。大阪府立大学総合科学部人間関係コース(心理学、社会学専攻)卒業。辻井正氏の主宰する「おもちゃライブラリー」において障害児療育活動とおもちゃによる保育活動をはじめ、子どもの育ちを支えるおもちゃ遊びについて研究と実践を積み重ねている。 ▲対象▲ 1歳〜のお子さまとその保護者、幼児教育に関心のある方 ▲参加費 親子クラスは1組1,000円、パパママ向けクラスは1人1,000円 ▲主催 ママコミュ!ドットコム、お片づけアカデミー ▲後援 天王寺区役所 ▲申込▲ LINE@の「積み木ワークショップ」(@llw7289n)を「友だち追加」してください。 友だち追加 ※受付完了、受講案内などすべてのご連絡はLINE@から差し上げます。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]
  • 【終了】防災啓発ドキュメンタリー映画上映会&フィルムトーク開催(2019年3月9日(土))

    災害とともに人はどう生きていくのか。 災害から自分や大切な人の命をどう守るのか。 地震、豪雨、酷暑、台風など、様々な災害に見舞われた2018年。 大阪で暮らす私たちも災害の恐ろしさと防災の大切さを身近に感じた一年であったと思います。 近い将来、発生が予想される南海トラフを震源とする大規模地震をはじめ、災害から逃れることはできません。 ●災害を経験した人々が「今」をどう生き、「未来」に向かってどう歩み始めているのか? ●災害時に弱者、要支援者となるのはどんな人なのか? 改めて防災とは、災害に強いまちとは何なのかを考えてみませんか?   防災啓発ドキュメンタリー映画「いつか君の花明かりには」の上映とフィルムトークを開催します。 映画の詳細はこちら防災啓発ドキュメンタリー映画『いつか君の花明かりには』公式サイトにリンクします 上映後のフィルムトークでは、映画監督小川光一さんが登壇し、映画を通して伝えたい想いをみなさんと共有します。
    ◆日時◆ 2019年3月9日(土) 13:10~14:40 13:10~  いつか君の花明かりには」上映 14:10~   フィルムトーク 小川光一監督(写真右)を始め、様々な立場で災害を経験したパネリストが登壇し、映画の内容を踏まえて会場の皆さまと防災への想いを共有します。 登 壇 者 小川 光一さん(おがわこういち:映画監督、作家、日本防災士機構認証防災士) 1987年東京生まれ。作家、映画監督。2009年、アフリカ・ウガンダ共和国に対する支援活動を機に国際協力の世界へ。2010年、エイズと共に生きる人々の姿を追ったカンボジアドキュメンタリー『それでも運命にイエスという。』を公開。2011年、東日本大震災を受けて、岩手県陸前高田市を中心に支援活動に奔走。2014年、陸前高田ドキュメンタリー映画『あの街に桜が咲けば』を公開。全47都道府県で上映を行い、2万人の観客動員を記録。2018年、防災啓発ドキュメンタリー映画『いつか君の花明かりには』を公開。全国各地に防災の大切さを訴え続けている。 森松 明希子さん(もりまつあきこ:東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream 代表) 兵庫県生まれ。福島で東日本大震災を経験。避難所生活を経て2011年、2児と共に大阪へ母子避難。福島原発事故による放射能汚染から逃れ、「避難者」となる。自らの意思で危険から逃がれることが当然の権利として認められる社会の実現を目指して「東日本大震災被災者の会 Thanks & Dream」を設立。2018年には国連人権理事会本会議で被災者・避難者の権利の確立を訴えるスピーチを行った。 養父 正子さん(やぶまさこ:音楽室さくら咲la 代表 ・日本防災士機構認証防災士) 大阪市在住。2000年から図書館で読み聞かせボランティアの活動を始める。2013年、ストリートオルガンをメインに音楽活動を開始。音楽専用ホール『音楽室さくら咲la』の運営を通して全国の音楽家に活動の場を提供している。サッカークラブ「セレッソ大阪」をこよなく愛する「セレ女」であり、大阪の花、セレッソ大阪の花である『桜』への想いを岩手県陸前高田市で活動する「桜ライン311」に繋げて支援を続けている。 出水 眞輝くん(いずみまさき:日本防災士機構認証防災士) 大阪市内の小学校に通う5年生。まちづくりの仕事をしている父の影響で防災士の存在を知り、『命を守る仕事』への夢の第一歩として防災士試験に挑戦。2017年に史上最年少タイの9歳で合格。全国最年少防災士としてメディアや防災講演で活動中。市内各区の災害リスク分析や家庭でできる防災に役立つ実験をYoutubeで発信。大阪の未来を担う子どもの視点で防災の大切さを伝えている。 コーディネーター 大舩 一美さん(おおふねかずみ:一般財団法人大阪市コミュニティ協会 都市コミュニティ研究室 研究員、社会福祉法人産経新聞厚生文化事業団 元専務理事) 産経新聞社を定年退職後、フジサンケイグループの社会福祉法人産経新聞厚生文化事業団の専務理事に就任。障碍者支援施設の運営、災害時救援金募集などに従事した。その後、大阪市に誕生したTSURUMIこどもホスピスの館長を経て、現職。 ※プログラムは変更になる場合があります。 ◆会 場◆  阿倍野区民センター 大ホール ●会場へのアクセスはこちら ◆参加費◆   無料 ◆申込み◆   不要、直接会場へ(会場定員になり次第、締め切ります)  ◆主 催◆  ママコミュ!ドットコム 問合せ◆  ママコミュ!ドットコム ◆助 成◆  大阪府福祉基金 本事業は平成30年度大阪府福祉基金地域福祉振興助成金の交付を受けて実施します。  
  • 【終了】ドイツの木のおもちゃに触れよう! Hape(ハペ)お披露目会&第1回ファンミーティング
〈入場無料:来場プレゼントあり〉


    Hape(ハペ)お披露目会&第1回ファンミーティング
は、ママコミュ!ドットコムが ハペ・フレンズ大阪 として開催する関西初の1Dayイベントです。 幼児教育先進国ドイツ生まれの世界最大級の木製玩具メーカー Hape(ハペ) ハペのおもちゃは世界60か国以上で愛されています。 ハペが大切にしているのは、Love Play Learn(愛に包まれ、遊びの中で学ぶ)こと。  会場には約80点のおもちゃが大集合!   子育て真っ最中のパパ・ママやご家族、これから出産されるプレママ・プレパパ、幼稚園・保育園など幼児教育に携わっておられる先生方など、子育てに関わるすべての方にハペのおもちゃの世界観を楽しんでいただける特別な時間と空間を提供する1Dayイベントです。 〜〜〜同時開催〜〜〜  ハペのおもちゃの良さを知っていただき、お子様との時間をより豊かに過ごしていただくため、(一社)子どもと育ち総合研究所 所長 宮野亮さんによる記念セミナー「ドイツの遊びの伝統と子どもの育ち」(予約優先:500円/1人:お席が必要なお子様はお申し込みが必要です)も開催します。 特典1:ご来場の全ての方にハペ最新カタログをプレゼント! 特典2:ご来場&SNS(FacebookまたはInstagram)フォローで、ハペのキャラクター「ぺぺちゃん」のキーチェーン(非売品)をプレゼント!(先着200名様) セミナー参加ご希望の方は、①お名前、②人数、③参加ご希望の時間帯(11:30〜12:00、14:00〜14:30、15:00〜15:30)を明記のうえ、ママコミュ!ドットコム公式LINEアカウント @hgn6945t を友達登録してください。 友だち追加 ◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇ 会場には、0〜6歳向け、約80点のおもちゃを展示し、自由に手に取って遊んでいただけます。 世界中で愛されるハペのおもちゃにぜひ触れてみてください。(写真は一例です)                             ◆日時  2018年12月16日(日)11時~16時 ◆会場  大阪国際交流センター1階ギャラリー(大阪市天王寺区上本町8-2-6) ◆プログラム 11:00  オープニングセレモニー ハペのキャラクター「ぺぺちゃん」によるテープカット テープカットの後は随時ご入場いただけます。 ハペのおもちゃ約80点に自由に触れてください。 会場ではおもちゃコーディネーターがお子様の年齢や関心に応じたおもちゃの遊び方をアドバイスします。お気軽にご質問ください。 (おもちゃコーディネーターとは、一般社団法人子どもと育ち総合研究所が認定するおもちゃ遊びのコーディネーター資格です)   11:30〜12:00、14:00〜14:30、15:00〜15:30 記念セミナー「ドイツの遊びの伝統と子どもの学び」(参加費500円、予約優先)  ドイツでは、遊びは子どもが失敗と成功を体験する貴重なステップとして位置付け、才能や個性を育む成長の過程であると考える文化があります。  ハペのおもちゃを実際に使いながら、遊びが子どもの心と頭脳の成長にどうつながっていくのか、教育心理学や行動心理学の理論や研究を交えながら解説します。ドイツの遊びの伝統と子どもの学びとの関わりを参加者ご自身の子育てへのヒントにしていただけます。 申込はこちら 講師 一般社団法人子どもと育ち総合研究所 所長 宮野亮(みやのあきら)さん 対象 子育て中の方、幼児教育に関心のある方など 参加費 1人500円(お席が必要なお子様はお申し込みが必要です)   15:30  クロージング ぺぺちゃんと握手でバイバイ! ぺぺちゃんが子どもたちと握手で「また会おうね」と約束。皆様をお見送りします。 16:00  閉会 ​​◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇ ハペ公式サイトこちら FACEBOOK @HapeToysJapan INSTAGRAM @hapejapan       ハペ・フレンズ大阪について 「ハペ・フレンズ」は、ハペを大好きな、育児に関わる全ての方によるコミュニティです。 ハペ・フレンズ大阪は子育て中のパパ・ママと子どもたちに楽しく豊かな学びの場を提供する団体ママコミュ!ドットコムが運営しています。
  • 【NEW】お子さんの学びに寄り添えるお母さんを作る「お母さんの算数教室」

    中学受験専門の少数英才進学塾サカモトセミナー塾長が直接指導するお母様向けの算数教室」です。 灘、開成、ラ・サール、西大和中学校など、日本を代表する超難関私立中学校へ多くの合格者を輩出してきた少数英才進学塾サカモトセミナーの坂元英雄塾長の直接指導によるオリジナルのカリキュラムです。 ・うちの子は九九を覚えるのが早い! ・うちの子は計算ドリルが得意! だから算数力があると思っていませんか? 本当に【算数ができる子】は小学生低学年までに論理的思考がしっかり育っています。 文章題で問われている内容をしっかりつかんで、理解して、式や図にして、計算できる総合的な力が算数には必要です。 実際に中学校受験では計算問題よりも文章題や図形の問題の配点が大きい学校がほとんど。 お子さんの算数力をもっと伸ばすには、お母さんも一緒に算数の世界にどっぷり入って、問題を楽しみながら解く機会が必要です。 ご自宅でお子さんに算数をしっかり指導できるお母さんになりませんか? 秋クール開講!(ご予約制) 事情により中止となりました。申し訳ございません。
    -Grade6- (1)場合の数(順列・組み合わせ) (2)集合算 (3)速さとグラフ (4)容積とグラフ いずれも10時~12時 受講料:4回セット14,520円 1回4,400円 サカモトセミナー(大阪市中央区上汐1−4−6 富士ビル5階) *ビル一階に共用の駐輪スペースがあります。 受講予約はこのページの下の方に記載しています。
    ▲カリキュラムと受講料▲ サカモト式の基礎を一通り理解していただいてから実際の問題に入っていきますので、 Grade1からの受講をおすすめします。開講スケジュールがは決まり次第更新します。 受講料には消費税10%が含まれています。 *カリキュラムや受講料は予告なく変更になる場合があります。 2020年春開講!(ご予約制)
    -Grade1- (1)算数大嫌いからの出発 (2)サカモト式なら文章題がこんなに簡単 (3)親子で楽しむ算数 受講料 全3回8,800円 1回3,300円
    -Grade2- (1)過不足算、差集算 (2)消去算 (3)図形の基礎① (4)図形の基礎②、模擬授業 受講料 全4回13,200円 1回3,850円
    -Grade3- (1)割合の基本 (2)相当算、食塩水 (3)仕事算 (4)損益算 受講料 全4回13,200円 1回3,850円
    -Grade4- (1)旅人算 (2)通過算 (3)流水算 (4)時計算 受講料 全4回14,520円 1回4,400円
    -Grade5- (1)方陣算 (2)ニュートン算 (3)数の性質 (4)図形の応用 受講料 全4回14,520円 1回4,400円
    ▲会場▲ サカモトセミナー(大阪市中央区上汐1−4−6 富士ビル5階)*ビル一階に駐輪スペースがあります。 開講日によっては変更になる場合があります。受講者様には個別にお知らせします。 ▲講師▲ サカモト式算数教育研究会理事長サカモトセミナー塾長) 坂元英雄先生 大阪大学在学中に家庭教師グループ「阪大有志会」を設立。 算数の本質である論理的思考法のアプローチにより文章題の理解が画期的に飛躍する文章題の画期的な解法「サカモト式算数」を開発。 大阪市中央区に中学受験専門塾「サカモトセミナー」を設立、塾長に就任。現職。 一方、「サカモト式算数教育研究会」理事長としてサカモト式算数をオーストラリア、シンガポールなど各国で展開中。 ▲申込方法▲ LINE OFFICIAL ACCOUNT MANEGERで「サカモトセミナーお母さんの算数教室」を「友だち追加」してください。 友だち追加 ※受付完了、受講案内などすべてのご連絡はLINE@から差し上げます。 ▲主催▲ ママコミュ!ドットコム
  • 全国最年少!小学生防災士から学ぶ防災講座 at 大阪市立中央図書館(3/3(日))

    去年の地震や台風、怖かったですね。 生まれて初めて「停電」を体験したお子さんも多いと思いのでは?
    暮らしに欠かせない電気だけど、停電になると一気に不便で不安な生活を余儀なくされてしまいます。 真っ暗で家族の顔も見えないとそれだけで子どもは大きなストレスを感じ、ますます不安になることも。。。 「こんなランタンがあったら真っ暗でも安心できるかも」 お子さん自身が考えて備えることは立派な「防災」! 災害時はもちろんアウトドアにも大活躍のランタンを作りませんか?

    小学生防災士から学ぶ防災講座

    大阪市中央図書館のホームページはこちら 【日時】 2019年3月3日(日)13:30〜15時(開場は13時から) 【会場】 大阪市立中央図書館5階 中会議室 【持ち物】 材料費として500円(おつりのいらないようにご用意ください。) 【対象】 子どもと保護者 【定員】 40人(事前申込先着順) 【申込方法】 電話か来館で(電話 06-6539-3301、来館 中央図書館1階 8番カウンター) 【講師】 出水眞輝くん 全国最年少の日本防災士機構認証防災士・小学5年生 わたし×防災を科学するアイビーラボ研究員 【協力】 ママコミュ!ドットコム 【問い合わせ】 大阪市立中央図書館 利用サービス担当 電話06-6539-3301
  • 【NEW】うえほんまちママ&キッズDay 2019年12月14日(土)、15日(日)

    うえほんまちママ&キッズDay  遊び×学び×アート いっぱい楽しむ親子の2Days 詳しい内容はこちら  
  • 映画「いつか君の花明かりには」上映会&フィルムトーク報告&参加者の声を公開しました

    2019年3月9日(土)、大阪市阿倍野区民センターにて開催しましたママコミュ!ドットコム主催の防災イベント 災害弱者・要支援者と一緒に考える「おおさか未来の防災」防災啓発ドキュメンタリー「いつか君の花明かりには」上映会&フィルムトーク会場にお越しいただいたみなさんから、防災への想いや映画の感想などをお寄せいただきました。
    画像をクリックするとPDFファイルが開きます。
    映画に登場された人々 🔹東日本大震災による大津波が襲った岩手県陸前高田市で災害の教訓を後世に残す活動をされている桜ライン311代表の岡本翔馬さん 🔹宮城と熊本で二度も大地震を経験し、防災の大切さを歌と共に伝えている防災士の柳原志保さん 🔹地域の災害リスクを中学生の視点で見つけ出し、地域と共に防災力向上に取り組む徳島市立津田中学校 防災学習倶楽部のみなさんなど、全国各地で防災に取り組む人たちの想いを小川光一監督山崎光監督が映像を通して伝えてくださいました。 (映画についての情報はこちら  映画の後の小川監督の講演と、様々な形で災害を経験された人たちによるフィルムトークを通して、ここ大阪で近い将来起きると言われている大規模地震に備えて、わたしたちが個人として地域の一員として防災とどう関わっていけるのか、その時に災害弱者・要支援者となる人たちと共に助かるためには何が必要なのかについて一緒に考え、防災への想いを共有する時間を持ちました。 登壇者・プロフィール・当日の発言要旨(要約) 🔹小川 光一さん(おがわこういち:映画監督、作家、日本防災士機構認証防災士) 1987年東京生まれ。作家、映画監督。2009年、アフリカ・ウガンダ共和国に対する支援活動を機に国際協力の世界へ。2010年、エイズと共に生きる人々の姿を追ったカンボジアドキュメンタリー『それでも運命にイエスという。』を公開。2011年、東日本大震災を受けて、岩手県陸前高田市を中心に支援活動に奔走。2014年、陸前高田ドキュメンタリー映画『あの街に桜が咲けば』を公開。全47都道府県で上映を行い、2万人の観客動員を記録。2018年、防災啓発ドキュメンタリー映画『いつか君の花明かりには』を公開。全国各地に防災の大切さを訴え続けている。 小川さん:世の中の人みんなが防災に関心があるわけではない。防災よりも大事なものがある、それは正直な意見。だけど、災害で大事なものを失くしたことがある自分たちは防災の大切さを伝える使命がある。桜が咲いた時に周りがほんのりと明るくなる”花明かり”のように自分が周りの人に防災の大切さを伝えていける存在になってほしい。そんな想いを映画に込めた。 🔹森松 明希子さん(もりまつあきこ:東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream 代表) 兵庫県生まれ。福島で東日本大震災を経験。避難所生活を経て2011年、2児と共に大阪へ母子避難。福島原発事故による放射能汚染から逃れ、「避難者」となる。自らの意思で危険から逃がれることが当然の権利として認められる社会の実現を目指して「東日本大震災被災者の会 Thanks & Dream」を設立。2018年には国連人権理事会本会議で被災者・避難者の権利の確立を訴えるスピーチを行った。 森松さん:東日本大震災を福島の自宅で経験した。幼い我が子と福島にとどまり放射能の恐怖に怯えながら暮らすより、「逃げる」ことを選んだ。震災から8年目を迎えて、福島で暮らす夫と家族が一緒に暮らせる日を願いながらも子どもたちの命と健康を守るのは母親の務めであるという信念で母子避難生活を続けている。この春にはヨーロッパ各国の学校を巡り、日本の現状を伝えるために母子3人で渡欧予定。
    🔹養父 正子さん(やぶまさこ:音楽室さくら咲la 代表 ・日本防災士機構認証防災士) 大阪市在住。2000年から図書館で読み聞かせボランティアの活動を始める。2013年、ストリートオルガンをメインに音楽活動を開始。音楽専用ホール『音楽室さくら咲la』の運営を通して全国の音楽家に活動の場を提供している。サッカークラブ「セレッソ大阪」をこよなく愛する「セレ女」であり、大阪の花、セレッソ大阪の花である『桜』への想いを岩手県陸前高田市で活動する「桜ライン311」に繋げて支援を続けている。 養父さん:地元のサッカークラブ「セレッソ大阪」のシンボルである桜から岩手県で津波到達ラインに桜の木を植え、後世の人たちに災害の恐ろしさを伝える活動をしている「桜ライン311」を知った。私の場合はこういうきっかけで東北の被災地支援に関わることになったが、今日ここにいる人たちも日常生活の中に防災との関わりを見つけてみてはどうか。
    右から:大舩さん、小川監督、養父さん、森松さん、出水くん
    🔹出水 眞輝くん(いずみまさき:日本防災士機構認証防災士 小学5年生) 大阪市内の小学校に通う5年生。まちづくりの仕事をしている父の影響で防災士の存在を知り、『命を守る仕事』への夢の第一歩として防災士試験に挑戦。2017年に史上最年少タイの9歳で合格。全国最年少防災士としてメディアや防災講演で活動中。市内各区の災害リスク分析や家庭でできる防災に役立つ実験をYoutubeで発信。大阪の未来を担う子どもの視点で防災の大切さを伝えている。 出水くん:防災は大人だけがするものじゃないと僕は思っている。小学生は地域にいる時間が長いし、学校が違う友達とも公園に行けば仲良くなれるし、見守り隊の人とも毎朝挨拶している。地域の人の顔を覚えること、地域の人に自分を覚えてもらうことは子どもにだってできる。災害が起きた時には地域の人みんなで助かろうと思う。 コーディネーター 🔹大舩 一美さん(おおふねかずみ:一般財団法人大阪市コミュニティ協会 都市コミュニティ研究室 研究員、社会福祉法人産経新聞厚生文化事業団 元専務理事) 産経新聞社を定年退職後、フジサンケイグループの社会福祉法人産経新聞厚生文化事業団の専務理事に就任。障碍者支援施設の運営、災害時救援金募集などに従事した。その後、大阪市に誕生したTSURUMIこどもホスピスの館長を経て、現職。 大舩さん:東日本大震災当時、義援金を取りまとめる仕事をしていた。ある老女が寄付を申し出てくれた。自分の生活を顧みず、困難な立場にある人たちを助けたいという強い思いに触れ、胸が熱くなったことを思い出した。災害からの復興は被災地の人たちだけの問題ではなく、こうして社会全体で支援の気持ちを伝えることも大いに意義がある。  
    映画では東日本大震災の様子と現在の町の姿が対比して描かれ、8年の時の流れを感じました。 もう8年、まだ8年。大阪でも、親戚や親しい人を失った人も多く、様々な想いを胸に映画をご覧になった方も多かったと思います。 ママコミュ!ドットコムでは、この映画の存在を知った昨年初めから大阪での上映会開催に向けた準備をしてきました。 大阪府福祉基金をはじめ、行政、団体、個人のみなさまのご支援と励ましのおかげでこの日を迎えることができました。 映画とフィルムトークを通して伝えたかった「防災は他人ごとではない」ということを会場いっぱいのみなさんと共有できたことをとても嬉しく思います。 小川監督、登壇者・コーディネーターのみなさん、ありがとうございました。 大阪にいつか大きな災害がやってきた時に「悔しい」思いをしないよう、それぞれの立場、視点で備えていきたいものです。 (ママコミュ!ドットコム 出水眞由美)  
  • 【終了】ママコミュさくらCafe 4月7日(土)

    なにわ人形芝居フェスティバルが開催される一心寺参道(一心寺ロード)にて 今年もママコミュさくらCafeを出展させていただきます。 *大人気!この日限定の「さくらパフェ」 *カールトンティーハウスさんのコーヒー、サンドイッチ のほか、今年は *東日本大震災チャリティ 桜のステーショナリー販売 も! 🌸さくら🌸にちなんだ可愛いカフェにぜひお越しください 2019年4月7日(日) 10時〜15時30分 一心寺ロードにて 売り切れ次第終了となります。 お早めのお越しをお待ちしています♪
  • 【終了】学ぶ力はこうして育てよう!新時代の学びセミナー(同時開催:「お母さんの算数教室」体験会)5月2日(祝)

    2020年教育改革って最近よく聞くけど、何? ・うちの子はまだ小さいけど、乗り遅れたくない😥 ・よそのお子さんより早く始めなきゃ出遅れそうで不安😱 ・自分が子どもの頃と変わりすぎてよく分からない😫 そう思っているママ・パパ必見のセミナーです。 ・子どもが何かを学ぶには、順序があります。 ・ドリル学習だけでは養えない?考えるチカラ ・早期の詰め込み教育はゴールを定めずにダッシュするようなもの? 超難関中学に多くの合格者を送り出してきた“算数教育のプロ”が45年のキャリアを踏まえて、 新しい時代の学びについてお話しします。 ・本当に賢い子とは? ・将来のキャリアにつながる一生モノの才能とは? お子さんの教育や子育てに疑問やお悩みをお持ちの方向けのセミナーです。 📔テーマ📔 ・情報に惑わされない!わが子の咲きどきを見極めるには ・お母さんの接し方で変わる、グッと伸びる!お子さんの学ぶチカラ ・なぜ必要?「お母さんの算数教室」体験レッスン 学ぶ力はこうして育てよう!詰め込まない教育とは? 新時代の学びセミナー(同時開催:「お母さんの算数教室」体験会) ●日時  5月2日(祝)11:15〜12:15 ●参加費 1,000円(税込)当日お支払いください。 ●定員  15名(定員になり次第締め切り) ●予約方法  こちらのフォームからお申し込みください。 講師 サカモト式算数教育研究会理事長サカモトセミナー塾長) 坂元英雄先生 大阪大学在学中に家庭教師グループ「阪大有志会」を設立。 算数の本質である論理的思考法のアプローチにより文章題の理解が画期的に飛躍する文章題の画期的な解法「サカモト式算数」を開発。大阪市中央区に中学受験専門塾「サカモトセミナー」を設立、塾長に就任。現職。 一方、「サカモト式算数教育研究会」理事長としてオーストラリア、シンガポールなど世界各国で算数教育の活動を展開中。 ●主催  ママコミュ!ドットコム