「目の学校」がお伝えする目のお話 ④「両目のチームワーク」

ロゴ2

株式会社七田チャイルドアカデミーが運営する目の学校が目にまつわる様々な情報をお伝えしてまいります。

第4回は「両目のチームワークです。

第1回「視覚と視野の違い」はこちらから。
第2回「眼球コントロール」はこちらから。
第3回「焦点合わせ機能」はこちらから。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「両目のチームワーク」

 

私たちの目は、遠くのモノから近くのモノへ視線を向けた時、2つの目は同時に内側に寄ります。

次に近くのモノから遠くのモノへ視線を向けた時、寄っていた2つの目は、同時に離れていきます。
この2つの目が仲良く同時に動く能力を『両目のチームワーク』といいます。

何らかの原因で両目のチームワークがスムーズでないお子さんは、上手く見たいモノに2つの目の視線が合わせられない為、モノが二重に見える事があります。

これを防ぐ為に、顔を傾けたり、片目を手でふさいでモノを見たりします。
読みやすいように本を遠くに置いてみたり、反対に本やノートに異常に顔を近付けたりします。無理が続くと、目の疲れや頭痛を起こしやすくなります。

距離感もつかみにくい為、たくさんの人がいる場所では、人が自分にのしかかってくるような感覚になり、人混みを嫌がったりします。

また脳が二重に見えるのを避けるために、一方の目からの映像を消してしまう事があります。

片目だけでモノを見ている事になり、使わない目が育たず弱視になってしまう可能性もあります。
両目を使っている時のような立体感や奥行きも、感じにくくなります。

 

お子さんの様子を一番身近に見ておられるお母さまだから気づくことがあります。

「うちの子、そうかも?」と思われたお母さま、気になることがあれば、お気軽にご相談くださいね。

 

次回(2018年1月配信予定)は「周辺視野」です。

 

 

●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●
お子さんの目のことで気になることはありませんか?

ご相談やお問い合わせはお気軽にどうぞ。●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【問合せ先】
イプラスジム天王寺
543-0053  大阪市天王寺区北河堀町2-10 SCA本社第3ビル1F
TEL  06-6772-6525            MAIL  honbu@eplus-gym.jp

【営業時間】
火~金 
12452115 土 10001830  月・日祝 休み

©2017 mamacomu.com - all rights reserved - 特定非営利活動法人 MIRAI PLUS・ママコミュー!ドットコム - Developed by 株式会社多言語ネットワーク

ユーザー情報を使用してログイン

ログイン詳細をお忘れですか?