「目の学校」がお伝えする目のお話 ③「焦点合わせ機能」

ロゴ2

株式会社七田チャイルドアカデミーが運営する目の学校が目にまつわる様々な情報をお伝えしてまいります。

第3回は焦点合わせ機能です。

第1回「視覚と視野の違い」はこちらから。
第2回「眼球コントロール」はこちらから。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「焦点合わせ機能」

私たちの目の中には、カメラのレンズのように、見たい物の距離に合わせて、すばやくピントを合わせる「焦点合わせ機能」がついています。

この焦点合わせ機能のお陰で、遠くから近くまで、見ようとする物にピタリと焦点を合わせ、ハッキリとした映像を見ることが出来ます。

 

何らかの原因で、焦点合わせのスピードが遅いお子さんは、手元の物から遠くの物を見ようとした時、焦点合わせの切り替えに時間がかかる為、ぼやけて見える時間が続きます。

遠くの物から手元の物を見ようとした時も同じです。

 

学校では、黒板の文字と手元の教科書やノートの文字に、目を繰り返し移し、そのたびに素早く焦点を合わせる必要があります。焦点合わせのスピードが遅いお子さんにとっては、この作業はとても負担になります。

手元の教科書はハッキリ見えても、すぐに黒板の字に焦点を合わせられない。

反対に、黒板の文字はハッキリ見えても、すぐに手元の教科書に焦点を合わせられない。

 

このため他の子供たちよりも板書が遅く、また、焦点を合わせる事は大変な努力が要りますので、最初の数行は正しく写せても、次第に疲れてミスが多くなります。まばたきや目をこする回数が増え、頭痛になりやすくなります。

 

携帯ゲームなど、近くの物を見続ける習慣は、焦点合わせ機能が上手く育たない原因の一つとなっています。

 

公園で遊んだり、外の景色を見ながら散歩に出かける事は、焦点合わせ機能のビジョントレーニングになります。休日は、ご家族一緒に、外で楽しく過ごされてみてはいかがでしょうか。

 

 

次回は「両目のチームワークです」

●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●
お子さんの目のことで気になることはありませんか?

ご相談やお問い合わせはお気軽にどうぞ。●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【問合せ先】
イプラスジム天王寺
543-0053  大阪市天王寺区北河堀町2-10 SCA本社第3ビル1F
TEL  06-6772-6525            MAIL  honbu@eplus-gym.jp

【営業時間】
火~金 
12452115 土 10001830  月・日祝 休み

©2017 mamacomu.com - all rights reserved - 特定非営利活動法人 MIRAI PLUS・ママコミュー!ドットコム - Developed by 株式会社多言語ネットワーク

ユーザー情報を使用してログイン

ログイン詳細をお忘れですか?