【速報】博報堂教育財団「博報賞」をいただきました

おやこ防災, お知らせ, ブログ

博報堂教育財団「博報賞」をいただきました。

「博報賞」は、児童教育現場の活性化と支援を目的として、財団創立とともにつくられました。
「ことばの力を育むことで、子どもたちの成長に寄与したい」そんな想いを核として、日々教育現場で尽力されている学校・団体・教育実践者の「波及効果が期待できる草の根的な活動と貢献」を顕彰しています。また、その成果の共有、地道な活動の継続と拡大の支援を行っています。


博報堂教育財団HPより〉

 

このたび、「U-15のための防災カレッジ」独創性と先駆性を兼ね備えた教育活動として評価をいただき、奨励賞を授与されました。

活動内容
自分の力で考え、伝えることを大切にした、子ども主体の防災教育自分や友達の命を守り、防災の大切さを発信できる防災力を身につけてほしいと、子育て中の女性の視点で考えた防災教育。15歳以下の幼児から中学生までを対象に、2016年から毎夏行っている。
「子ども扱いしない」ことを最大の特徴に、子どもの目線で、見て、考え、行動する「探検型・探究型」の講座を、防災の専門家や研究者と協働し複数展開。子どもが何をすべきか明確にし、学ぶ楽しさを実感できる活動となるよう講座を考案してきた。防災時のリーダーを育てる「ジュニア防災キャプテン認定講座」では、地域をよく知る子どもの強みを活かし、災害時に役立つ場所や命を守る情報を自らの力で収集。近所の公園にあるベンチが煮炊きできるかまどに変身する「かまどベンチ」、停電時でも飲料提供が可能な「災害対応自動販売機」など、実際に各所を巡って体験し、気づきや学びをまとめて発信している。「おやこ防災クッキング&ランチョンセミナー」では、アレルギーや病気、宗教などが理由で、食に制限や配慮が必要な人がいることを知り、その課題と対策を考える。
活動を機に、防災士資格を取得したり、家庭の防災対策を中心となって見直すなど、子どもたちに地域防災の担い手としての自覚を促している。審査委員より
15歳未満の子どもを対象にした防災教育活動を展開する大阪府の団体である。子ども自身が防災時のリーダーになれるよう育てる「ジュニア防災キャプテン認定講座」や、アレルギーなど災害時に食に配慮が必要となる人の存在を知る「おやこ防災クッキング&ランチョンセミナー」など、独創的で貴重なプログラムが作られている。子どもを「子ども扱いしない」で、災害時に地域で自ら行動する存在として位置づける理念が先駆的である点、また、乳幼児を育てる女性の目線に根ざしながら、子育て世代が当事者として防災活動に取り組む活動を創出している点が、高く評価された。今後の活動の継続と発展が、大いに期待される。〈博報堂教育財団HPより〉

「子ども自身のチカラ」で大阪の防災力向上をめざす防災教育のスタイルにこだわり、これからも誠実に活動してまいります。
防災という大きなテーマは団体単独のチカラでは到底成し遂げられません。社会の様々な担い手の方々との協働、共感の機会を広げていきたいと考えています。
コロナ禍でも歩みを止めず、今必要なこと・できることにとことんこだわり、コロナを乗り越えて進んでまいります。

引き続きご支援、ご協力をお願い申し上げます。