【NEW】上町台地の魅力発見ブログ「うえまち散歩」開設

ママコミュ!ドットコムでは、この「上町台地」に残る歴史や文化の魅力にもっと身近に触れることができるよう日々の生活の中で出会った人や場所を紹介するブログ「うえまち散歩」を始めました。

→ ブログページはこちらから

 

「大阪から消えた巨大湖 – あおぼし空」から引用 https://aoboshi.jimdo.com/

上町台地(うえまちだいち)は、大阪平野を南北に伸びる台地のこと。

北の端は大阪城・天満橋(中央区)から緩やかな丘を形成しながら、天王寺区・阿倍野区を経て、南の端は住吉大社(住吉区)に至る約12kmの丘陵地です。

この辺りの地名には「山」や「丘」という文字が多くみられます。

天王寺区:「真田山」「北山」「桃山」「夕陽丘」「茶臼山」
阿倍野区:「晴明丘」「丸山」
住吉区:「帝塚山」「清水丘」など。

 

歴史をさかのぼると、古くは聖徳太子が建立した四天王寺、熊野街道の起点「渡辺津」、国の中心であった「難波長柄豊碕宮(なにわの・ながらの・とよさきのみや)」「難波京(なにわのみや)」そして「石山本願寺」「大阪城」など、宗教・軍事・交易の中心地として長年栄えた歴史と文化の薫り高い魅力ある地域です。

昨年の大河ドラマ「真田丸」でも主人公の活躍する舞台がまさにここ上町台地だったのです。

 

現在、上町台地は大阪市の中心部に位置する「暮らしとビジネスの中心地」となっています。
交通至便なこと、良好な教育環境が整っていることにより、大阪市内中心部には高層マンションが立ち並び子育て層を中心に多くの人が暮らしています。

 

仕事へ行く途中、お買い物の途中、子どもと遊びに出かける途中に出会う景色を通してこのまちの魅力に触れてみませんか?

「こんな素敵な場所があるよ」「こんな素敵な人がいるよ」という情報も大歓迎。
お気軽に info@mamacomu.com まで情報をお寄せください。

©2017 mamacomu.com - all rights reserved - 特定非営利活動法人 MIRAI PLUS・ママコミュー!ドットコム - Developed by 株式会社多言語ネットワーク

ユーザー情報を使用してログイン

ログイン詳細をお忘れですか?